工芸品高価買取|買取スター

津軽塗 漆器 高価買取|買取スター

2019年10月29日

買取スターでは青森県弘前市を中心に生産される伝統工芸品「津軽塗」を強化買取しております。お椀・お盆・棗(なつめ)・重箱・箸・グラス・座卓(テーブル)・下駄など漆器各種を高価買取いたします。

最新買取強化モデル・中古買取参考価格

他店と買取価格の比較

津軽塗 唐塗 夫婦椀画像

買取例:唐塗 夫婦椀

A社
買取価格 2,500
B社
買取価格 2,800
C社
買取価格 2,000
※2019年9月時点

3,500円

買取スターでは唐塗 夫婦椀を他店様と比べこれだけ高く買取させて頂いております。津軽塗の代表的な技法である唐塗を用いた夫婦椀。

宅配買取申込みバナー画像LINE査定依頼バナー画像

中古相場人気モデル・中古買取参考価格

津軽塗 七々子塗 夫婦箸画像七々子塗 夫婦箸 津軽塗 唐塗 下駄画像唐塗 下駄 津軽塗 座卓 テーブル画像座卓 テーブル
買取金額
~¥2,600
買取金額
~¥6,000
買取金額
~¥36,000
商品画像 商品名 買取価格
津軽塗 田中屋 四角盆画像 田中屋 四角盆 × 5 ~¥21,000
津軽塗 田中屋 三段重画像 田中屋 三段重 ~¥12,000
津軽塗 江戸川工房 釣り竿画像 江戸川工房 釣り竿 ~¥8,500

宅配買取申込みバナー画像LINE査定依頼バナー画像

津軽塗を高く売るためのポイント

  • 津軽塗の工芸家 画像
    著名な工芸家の漆器は高価買取!
    古くから日本の伝統工芸品として愛される津軽塗には、人間国宝や名工と呼ばれる数多くの工芸家が存在します。そのような著名な工芸家の作品は人気があり希少価値が高いため高額査定が期待できます。出所の特定や作者が分かる共箱などがあることで評価が上がりますので一緒にご依頼ください。
  • 津軽塗のメンテナンス画像
    依頼前のお手入れで査定額UP!
    ご依頼前のお手入れで少しでも状態を良くすることが高価買取に繋がります。中性洗剤を使い柔らかいスポンジで丁寧に洗い、水気をしっかりと拭きとります。このとき傷が付いたり漆が剥がれてしまわないように過度なお手入れには注意が必要です。
  • 津軽塗 錦塗 画像
    難易度の高い錦塗は希少価値あり!
    津軽塗には唐塗、ななこ塗、紋紗塗、錦塗と4種類の技法が存在します。中でも高度な技法を用いた錦塗は非常に手間がかかり、津軽塗職人の中にもその技法を習得しているのはごくわずかとなっています。そのため生産数が少なく希少価値が高いため高価買取が期待できます。
  • 津軽塗の付属品 画像
    共箱など作者が分かる付属品は揃えて依頼!
    工芸品は時代が古くなるほど出所の特定が難しくなり、本体以外に鑑定書・箱・書付など付属品から得られる情報も重要となります。特に共箱は時代や修復歴なども確認出来る場合がありますので、たとえ破損していたとしても揃えてご依頼いただくことで高価買取に繋がります。
  • 津軽塗の査定は買取スターへお任せください画像
    津軽塗の査定は買取スターへお任せください!
    買取スターでは専門バイヤーが一点一点お品物の特徴や状態をしっかりと抑え、それぞれの価値に見合った正しい査定額を算出します。お椀、お盆、重箱、棗、箸、座卓(テーブル)、下駄、盃、弁当箱、皿、万年筆、硯箱、アクセサリー、グラスなど日々市場相場の調査を行い的確な査定額を算出しますので最大限の高価買取が期待できます。

宅配買取申込みバナー画像LINE査定依頼バナー画像

買取実績 速報 10月1日

買取スターは津軽塗の買取実績が豊富にございます。

津軽塗 重箱 茶筒 茶べら 茶托セット画像重箱 茶筒 茶べら 茶托セット
中古品
津軽塗 櫻井釣漁具 江戸川工房 チヌ竿画像櫻井釣漁具 江戸川工房 チヌ竿
中古品
津軽塗 田中屋 紋紗塗 四角盆画像田中屋 紋紗塗 四角盆
中古品
買取金額
¥4,800
買取金額
¥23,000
買取金額
¥19,000
津軽塗 津軽三味線画像津軽三味線
中古品
津軽塗 重箱 3段重 画像重箱 3段重
中古品
津軽塗 重箱 唐塗 弁当箱 画像重箱 唐塗 弁当箱
中古品
買取金額
¥154,000
買取金額
¥8,000
買取金額
¥3,000
津軽塗 津軽三味線用 津軽塗胴掛 天神袋 画像津軽三味線用 津軽塗胴掛 天神袋
中古品
津軽塗 田中屋 七子塗 棗(なつめ)画像田中屋 七子塗 棗(なつめ)
中古品
津軽塗 夫婦椀 お碗 画像夫婦椀 お碗
中古品
買取金額
¥11,000
買取金額
¥1,200
買取金額
¥3,000

宅配買取申込みバナー画像LINE査定依頼バナー画像

津軽塗(つがるぬり)とは

津軽塗とは青森県弘前市で生産される日本の伝統工芸品。1646年に弘前藩第四代藩主津軽信政公が塗師、池田源兵衛を召し抱えたのが始まりと云われています。津軽の産業を育成するため全国から多くの職人・技術者を弘前に招き、1676年には弘前城内の一角に塗師の作業場があったことが明らかにされています。当初は武家が腰に差す刀の鞘を美麗に彩るために用いられ、その後文庫、硯箱、重箱、提重、刀、脇差の鞘など様々な物に用いられました。1758年には唐塗の技法が用いられており、幕府や他藩、朝廷や公家への贈答品など価値の高いものとして扱われました。以降は世情に巻き込まれ勢いが衰えるものの、藩に代わって県が助成を始め漆器の製造所や組合組織が結成され再び息を吹き返します。津軽塗という名前が一般的になったのは、明治6年に開催されたウィーン万国博覧会に出展し賞を受けたことがきっかけで、その後大正時代まで生産販売ともに増大していきます。その後の世界恐慌や第二次大戦の影響で再び衰退するものの再び息を吹き返し、以降現在まで青森県のを代表する伝統工芸品として普及し続けています。

津軽塗の技法

津軽塗の制作には代表的な4種類の技法が用いられます。三百年以上も変わることなく受け継がれてきた伝統技術で、漆を数十回塗り重ね研磨仕上げを施していきます。
・唐塗(からぬり):独特で複雑な斑点模様が特徴で最も多く生産される代表的な技法。漆を何度も塗っては乾かし研ぐを繰り返し、四十八にも及ぶ工程を経て生み出される。
・七々子塗(ななこぬり):魚の卵を連想させる小さな輪紋の集まりが特徴の技法。研ぎ出し変わり塗りの技法の一種で、模様をつけるために菜の花の種を蒔き付け生み出される。
・紋紗塗(もんしゃぬり):黒漆の模様に紗の炭粉を蒔き、研ぎ出して磨き仕上げされたものを紋紗塗と呼ぶ。研ぎ出し技法の中で最も独特なもので、明治維新以後の作例は少ない。
・錦塗(にしきぬり):非常に手間がかかり高度な技術を要する。ななこ地に黒漆で桜を唐草風にデザインした唐草や、 菱形・稲妻型の紗綾形を描き錫粉を蒔いて錦を想わせるような華やかな技法。

宅配買取申込みバナー画像LINE査定依頼バナー画像

お客様の声

東京都から宅配買取をご依頼いただいた50代女性

お客様
遺品整理で出てきた津軽塗のお椀や重箱、箸などをまとめて買取っていただきました。漆器好きの母でしたのでお椀などもセットで揃えており貴重な物ではありますが、保管も手間なので手放すことにしました。LINE査定で依頼をしましたが、写真と詳細を送っただけで数回のやり取りで済みました。仮査定額には大満足でしたが、写真を撮るのが苦手だったため実際の査定時に減額になるのではと心配していました。実際には仮査定通りの金額で、複数点まとめて依頼したことでプラスになりました。まだ整理途中の物もあるのでまたお願いしたいと思います。ありがとうございました。
この度は数ある買取店の中から当店の通信買取をご利用いただきまして誠にありがとうございます。今回は唐塗のお椀や七々子塗の棗など津軽塗の漆器をまとめてご依頼いただきました。若干の使用感はあるものの、お手入れが行き届いた状態のよいお品物が多くありましたので、各状態を考慮したうえで最大限の査定価格で買取させていただきました。仮査定時の写真撮影が苦手な方は、1枚だけでなく角度別に複数枚送っていただくことをおススメします。より実査定金額に近い仮査定金額を算出することができます。また機会がありましたらお気軽にお問合せ下さいませ。
ホッシー君

宅配買取申込みバナー画像LINE査定依頼バナー画像

関連ブランド

関連工芸品目

関連種類別一覧

  • 漆器漆器
  • 陶磁器陶磁器
  • 木工品木工品
  • 金工品金工品
  • 硝子細工硝子細工
  • 仏具仏具
  • 文具文具
  • 織物織物
  • 染物染物
  • 人形人形

宅配買取申込みバナー画像LINE査定依頼バナー画像

買取スターは仙台を拠点に実店舗及び買取査定専用オフィスを運営しております。

買取スター実店舗画像 買取スター画像
実店舗
〒980‐0811 宮城県仙台市青葉区一番町1-2-33
Tel:0120-501-095
→詳細はこちら
買取センター
〒980‐0811 宮城県仙台市青葉区一番町1-12-2
Tel:0120-501-095
→詳細はこちら

買取スターでは専門のバイヤーがお客様からご依頼頂いたお品物を1点1点お調べし、その日ご提示できる最大限の査定額をご提示しております。

男性バイヤー画像

工芸品専門バイヤー「内山」

この度は買取スターのホームページをご覧頂き誠にありがとうございます。津軽塗はお椀・お盆・棗(なつめ)・重箱・箸・座卓(テーブル)・下駄などどのようなお品物でも買取いたします。特に著名な工芸士やメーカーによる物は高価買取いたします。近年の物はもちろん古いお品物でもしっかりと拝見しどこよりも高く買取いたします!

→詳細はこちら
女性バイヤー画像

工芸品専門バイヤー「斎藤」

津軽塗の買取は茶櫃、銘々皿、ぐい呑み、グラス、菓子器、万年筆、硯箱、アクセサリーまで何でもお任せください。また付属品がないものや状態に難がある物でも是非ご相談ください。LINE査定なら最短15分で返信いたします!

→詳細はこちら
出典:http://www.tsugarunuri.org/,https://tanaka-meisan.jp/

作成日:2019年10月1日

買取スター査定お申込みフォーム画像

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (確認用/必須)

お問い合わせ本文 (必須)

査定依頼商品画像



※送信頂ける画像は1枚あたり4MBまでの大きさとなっております。

今月の強化買取カテゴリー

今月は以下のお品物を強化買取しております!お持ちの方はぜひ査定をご依頼下さいませ

今月の強化買取アイテム:カメラ

買取スターでは今月カメラの高価買取をおこなっております!ニコンやキヤノンはもちろんの事今大流行のGoproや昔のフィルムカメラも買取しておりますのでご自宅にご不要なカメラのある方はぜひ査定をご依頼下さいませ!
ホッシー君

今月の強化買取アイテム:美容機器

美顔器買取画像

買取スターでは美容機器も強化買取しております。パナソニックや日立などの国内メーカーの美容機器から大人気MTGの美顔器、コイズミのヘアドライヤー等も買取しております!
ホッシー君

今月の強化買取アイテム:ブランド品

ハイブランド品(ルイヴィトン・シャネル)買取強化画像

こちらは時期を問わず常に買取強化中のブランド品!ルイヴィトンやシャネルはもちろんエルメスやバーバリーなども買取可能ですのでお持ちの方はお気軽にお問合せ下さいませ。
ホッシー君

-工芸品高価買取|買取スター

Copyright© 買取スター , 2020 All Rights Reserved.